人気ブログランキング |

赤黒緑眼でリベンジ


 以前1700越えられなかった赤黒緑眼に再挑戦してみました。


e0295317_21303236.png
 レートの数値は低めだが3位だからもういいや(セコイ



 前回はオルトロスが多すぎて赤鬼だけでは心許なく、ガーゴイルを多めに積んでいましたが、今回は特にオルトロスが頻出する環境ではなかったのでガーゴイル少なめの形にできました。
 ご覧の通りで、特に目新しい要素はありません。



 前回記事にバルカモニカさんからいただいた助言を参考にしました。
 へにょっぴさんのレシピ(L1タイプの方)がだいたい助言の通りの構成なので、こちらからも影響を受けています。
 コメントありがとうございました。


e0295317_21321644.png
 だいたいこういうところをベースにして、お馴染みの補助を足していって、必要に応じてベースから足し引きする感じで。
 ここまで決まってると個性出しにくいですね。



 初手輸送兵で緑眼をおけなくても、圧縮後の2ターン目まで考えると3枚積みの緑眼を引けないケースは少なめで、快適にプレイできました。
 ツイてたのか以前より緑眼を引きやすかった。

 環境が基本的に黒で、バフォメットをしのげるコウモリが頼もしかった。
 火柱で先攻をつけてしまえば黒には強い。
 白虎が流行っていた時間帯もあって、そこはちとつらかった。

 全体的にガチなデッキよりファンデッキ、ネタデッキ、新型の模索デッキが多かったのも追い風でした。



 ----- 以下、駄文 ----

 力石と赤ゴーレムを積んだデッキから真面目に構築していたらいつのまにか赤黒緑眼になってました。
 どっちも抜けてしまいましたが。
 いったい何があったんだ。
 名前だけはやけにしっかりと残ってます。
 「力石でごり押し」ってなんだよ。

 錬金術師も力石との兼ね合いで入れていたものが、なぜか残ったままになってます。
 環境が黒寄りでデュラハン打たれることが多かったので無駄にはなりませんでした。
 序盤にコウモリ→火柱の動きを強いられて(ゴブリンライダーを見てイニ有りゴブパラを読むときなど)魔力が不足気味のときに火柱を魔力に変えて融通を利かせてくれるところはいいのですが、他にいい補助がありそう。
 ……と思っていたんですが、意外と馬鹿にならんのですね。
 たとえば画家で切り抜けられる場面よりは、錬金術師と魔力を要する他のカードとの組み合わせで切り抜けられる場面の方が多いのかなと考えます。
 死神がケルベのために魔力4残したいのにL3(画家)を連打していると魔力が溜まりませんし、そのターンだけ勝っても次のターンにつながらなかったり。シーソーさせたいだけなら他のカードでも代用できるので、それならシーソーして負けるターンに錬金で魔力を稼いで次のターンからライフ連取狙いのほうがいいのかな……と。
 赤鬼スタートのときなんか特に。火柱もなく後続も貧弱、せめて魔力だけでもあれば、という気持ちになる。
 錬金術師と画家を比較するのもどうかと思いますが。

 書いているうちに少し思い出してきた。
 力石入れるならコウモリじゃなくサソリだなとなって、
 サソリじゃ勝てないからコウモリに戻って、
 コウモリとのシナジーで吸血鬼入れられるかなと試してました。
 でも吸血鬼って初手にして連勝してくれないと微妙ですね。
 いい感じの補助を入れられるデッキでもありませんし。
 赤鬼のほうが圧倒的に魅力的だった。

 初手と二番手以降のアタッカーと補助のバランスを考えているうちに力石が抜けていったが素で気づいてなかった。
 デッキの完成度とプレイングの効率が高まって少し勝てるようになってきたところでデッキネームに気づいた。

 力石入れるなら緑眼が邪魔。
 共存の余地がなかった。



 そもそも混沌のファンデッキを考えていたのですが、
 ファンデッキ = 確変待ちデッキ
 ですから、回数をこなしてブン回ってくれないと評価しようがないんですよね。
 それなのになかなかマッチングしないし、
 たまのマッチングで大敗して、その次の対戦相手がなかなか見つからずにいると気持ちがいっきに冷めてしまいます。
 貴重な時間をこんなことに浪費していていいのか……と。

 だからガチデッキでプレイするのもネタデッキでプレイするのも気が乗らない。
 マッチングしやすさ、プレイ人口の多さがそのままカーコマの楽しさにつながるはず。
 更新なんていらんのですよ。
 黒の書は弱体化させてほしいけど。


 ----- 追記 -----

e0295317_21411182.png
 あのあと、戦わずして2位になった。(恥の上塗り

 それはそうと夢魔を入れてもいいらしい。
e0295317_21421417.png
 複数枚積む必要はない。
 夢魔で完全ハンデスを決めるまでに緑眼赤鬼が決まったりすると
 相手の手札が1~2枚になって夢魔の影響力が下がる。
 メインはあくまで緑眼ハンデスであることを忘れてはならない。
 2枚いれるかわり狂戦士を遊びでいれている。
 緑眼ハンデス、夢魔、狂戦士によって相手に縛りをかけておいてケルベで攻めるなど、いやらしい手順で仕掛けたい。





by cardfan | 2015-10-05 21:35 | 構築


<< カーコマの強さとは 赤黒地獄蝶幽霊7 弩兵改 >>