ソドマスは俺には効かん!

 リプレイ録です。

e0295317_523531.png



 こちらは海賊船デッキ。
 あいては踊り子ソードマスター。
 奇しくも青赤対決です。

 タイトルの「ソドマスは効かん!」は、かなり言い過ぎてる感がありますw
 プレイングもいろいろと失敗しているし……

 余談ですが、デッキタイトルにある「俺」は「尖兵」のことです。
 アバターが尖兵なので。



 -----



e0295317_526533.png


 1ターン目、
 尖兵スタート、あいてはスルーだった。

 しかし2ターン目、
 火竜の首が尖兵を焼く。
 こちらの後続は女海賊。サイズでは勝っているが、補助でひっくりかえる可能性大。



e0295317_5283679.png


 3ターン目、こちらは女海賊、あいては雪女で様子見。
 4ターン目、魔力を溜めるためにスルー、あいてはサラマンダー。

 案の定、ひっくり返った……orz

(僕は3ターン目に女海賊を投入しているが……
 そのときあいての補助が火の鳥やニワトリだったら、次のターンに先攻・攻撃力3以上を崩せず、黙って見送ることになるので、悪手かもしれない。
 かといって他に候補はプリンセスしかなかったし、使っていても雪女をコピーだったから、結果的に差はなかった)



e0295317_5351677.png


 相手の魔力残量が2なので、安心して女海賊に翼竜で先攻をつけられた。

 女海賊の勝利効果で、雪女、踊り子、翼竜を奪取。

 次のターン、
 戦場に出てきたサラマンダーに先攻がつくか、手札からのサラマンダーが女海賊を焼くか……
 火力の方がありそう……
 という予想でプリンセスを使ったところ……

e0295317_5372329.png


 騎兵をコピー。

 あいては海賊船長からの海賊船と読んでいて、現状の先攻つき女海賊にも勝てる騎兵を使用した……ということか。
 おかげでこちらの陣営は木っ端微塵のミジンコちゃん……
 朱雀が使われたわけでもないのに場が空っぽw



e0295317_5422988.png


 再び尖兵を送り込むが、あいてが踊り子だったので、
 様子見に雪女を使用。
 あいては火竜の首。

 攻めないわけにもいかず、尖兵に海賊船長を使用したところ……

e0295317_546780.png


 マジですか……
 海賊船のステータスが尖兵で強化されてしまったせいで攻撃力とHPがイーブン。このステータスを写した火竜の首には傷一つつけられない。
(結果的に翼竜が正解だったことになるが、HP1の尖兵にこのタイミングで翼竜使うのは勇気が要る……。しかも海賊船を呼ぶための要だから絶対に勝利効果を発動させたかったし……)

 ライフ 1-3
 苦境とはこのこと。

 さて。
 先攻でHP6、こんなのを除去できるカードは、このデッキにはサラマンダーしかいない。
 この時点で(サラマンダー1枚以外の)レベル2は5枚。次にレベル2を引けなければ6点に届かない。



 レベル2引いた!

e0295317_5503878.png


 尖兵GO!

 尖兵のいいところは戦場に居座らないところ。
 もう本当に有り難いっ!
 尖兵は勝利後に、待機所に戻れず破壊されるが、手札の海賊船が戦場に出てくる。



 しかし逆転するためには海賊船で2勝しなければならない。

 ところが相手の次の手は間違いなくソードマスター。
 踊り子だしておいてソードマスターを使わない手はないだろう。
 そうでなくても踊り子はサラマンダーにも強いので、この局面で使わないはずがない。
 マジシャンを警戒するにしても、相手にはまだライフに余裕があるので、ここで変則的なプレイをする必要はない。王道、ソードマスターでくる。
 まだソードマスターは1枚も見ていないが、もう確実にソードマスターだ。



e0295317_552433.png


 踊り子ソードマスターを凌ぐには……
 サメを使う。
 サメの効果でクリーチャーが入れ替わり、
 踊り子の戦場効果で戦場に飛び出すのはサメ。



e0295317_631914.png


 最後のターン、
 クジラでソードマスターを手札に戻して、踊り子を不発に。

 ここであいてがソードマスター以外の手(サラマンダー、人魚マダム、ソーサラーなど)なら、こちらが負けていた。
 なんかもう、ソードマスター以外ならしかたないという体たらくでした。

 (サメ→クジラよりクジラ→サメの方がよかったかも?)
[PR]
by cardfan | 2013-07-28 06:12 | リプレイ録 | Comments(0)


<< ギロンがカッパツのようです そろそろ一年 >>