蒐集王メイン

 アーク さんの要望で蒐集王メインのデッキを作ってみた。

 ぼくはこの新デッキで1700あったレートを1580まで落とした。

 ……。
 そういうデッキなので参考にならないとは思いますが……。



 -----



 蒐集王がメインといっても、蒐集王というカードは主役になれるカードではないので、「メイン」の意味は「3枚積み」ぐらいの解釈をしてます。
 役割的には補助として奔走することとなります。

 当然、青単色になります。

 蒐集王は相手の動きを見て状況に応じたカードを手札に滑り込ませることができるため、戦局を優位に運べそうな気がしました。(過去形)
 つまり順当にシーソーできそうに見えたのです。
 もし順当にシーソーできるなら、はじめの1点を先に削った方が勝つ道理です。
 という発想で組んでみました。



e0295317_324541.png


・レベル1多め
・コストパフォーマンスがよい人魚兵長を採用
・人魚兵長にあわせて全体的に人魚デッキ
・ヤマタノオロチもコストパフォーマンスが採用の理由



 が、実際にはなかなかうまくいきません。
 蒐集王の効果を使うため、デッキは当然、青単です。
 他色とのシナジーが望めない青単では、信頼できるレベル1クリーチャーは、ほとんどいません。
 というか、全然いません。
 タコで状況を見ながら攻められるのが唯一、速攻に向いている要素でしょう。



 では、序盤でのタコの補助は何かといえば、ほぼウミガメ一択です。
e0295317_3252039.png

 ▲ウミガメが刺さった例
 タコで1点
 ウミガメでバウンスして1点
 デュラハンにイソギン合わせて1点(上画像ではタイミングの都合、死んでるように見えるが、生きてるウミガメ)
 あとは蒐集王でカオドラ調達



 相手の動きが特定できていない序盤で蒐集王をつかうわけにもいきません。
 そもそも序盤だと魔力が不足しているため、レベル1やレベル2のカードを調達してくるのがせいぜいです。(ニワトリや見習い魔女が常連)
 そしてそれら調達してきたカードを補助に用い、勝ったとしても、その次のターンにはやはり魔力不足で喘ぐことになります。
 しかも待機所にはレベル1や2の補助カードしかなく、頼りない……。



 そもそも、このデッキ、開幕からレベル1を投入したとして、次のターンに使えるカードがほとんどない。
 レベル2にはウミガメ、蒐集王があるが、2ターン目にそれらを使ってしまうとレベル3、4まで手が届かなくなる。
 この事実はレベル2の蒐集王にとっても深刻。あいての植物クリーチャーを見てステゴを手札に忍ばせても、レベル3のステゴを使うための魔力が足りない。レベル3以上のカードを調達してきても手遅れになるということです。
 そんな事態になるくらいなら、1ターン目はスルーか煙ですませ、魔力を蓄積させてから蒐集王を使うデッキ構成に変えた方がいい……というわけです。やはり蒐集王を使うときは咄嗟にスカドラへと作戦変更できるよう魔力を残しておきたいのです。



 というわけで、現状、どうにも繋がりが悪いんですね。
 2ターン目、どうせ何もしないのなら煙を使いたい。
 そこで青い煙3枚投入したのがこちら。



e0295317_3275241.png




 段違いに動きやすくなって安定しました。
 それでもデッキのポテンシャルが低いので勝てるわけではありませんが……。(レート1550~1600ぐらいに収束した)

 そもそもデッキの動きそれ自体は人魚デッキとしてのそれなんですね。
 あえて蒐集王との絡みをあげるなら、人魚兵長でバウンスして蒐集王を使い回せることぐらいです。
 基本的に人魚兵長のバウンスに頼ったギャンブルゲーだったりします。



 それならいっそ青単スカドラに蒐集王3枚積みの方が、蒐集王の活用方法としては素直だといえましょう。
 蒐集王の得意技はコンボパーツの調達ですし。
 スカドラ&海賊船長のコンボは2枚のカードの組み合わせにしてかなり有効なコンボなので、そのどちらをも調達しやすい蒐集王は、かなりよい働きをしてくれます。(経験談)



e0295317_3301628.png




 この場合もやはり煙は3枚積みがよいかと。煙無しも作って使い倒してみたから間違いない。



 -----



 先に紹介した「ひとうお」のキャプチャで蒐集王の使い方解説。
 まあ眉に唾つけて適当に聴いてください。



 アークさんの青赤海賊船との一戦から。

e0295317_3304779.png


 蒐集王で調達するカードは、はじめからある程度見当をつけています。
 上画像の場合だと、河童かイソギンチャクが候補にあがっています。
 「マジシャン読みイソギンチャクが無難かな~」といったところです。

 ところが、いざ蒐集王をプレイしてみると、海賊子分が海賊船長の手引きで海賊船に化けちゃう。
 サイズで負けているので、ここは困ったときのスカドラです。
 ただ、ふつうなら海賊デッキにスカドラをあてるのは怖いところです。海賊船長で逆に利用されてしまいかねないので、ニワトリあたりを使う作戦になるかと。
 しかしこちらの手札にはすでにプリンセスとソーサラーが揃っています。
 イニ有りスカドラvs海賊船の戦いにおいて、ぱっと思いつく脅威は河童と海賊船長ですが、どちらもプリンセスで切り抜けられます。
 スカドラで殴り勝てば、次のターンはソーサラーでスカドラを処理すればいい。
 ソーサラーをクジラで返されるとまずいが、魔力がたまりにくい赤青海賊船にクジラは1枚が限度。引いていないことを祈る! サメでもソーサラーは発動するし。
 ……という作戦が立ったので、蒐集王でスカドラを選びました。



e0295317_3463211.png


 蓋を開けてみれば、アーク さんは騎兵をプレイして、ソーサラーはぼさっとつったってただけでしたが……。
 そこまで読んでマジシャン調達、なんて神業はちょっと無理です……。



 同じくアーク さんとの対戦から一例

e0295317_334069.png


 人魚運び屋で1点とれるかと思えば、ゴブパラに先制されてしまい、仕方なく人魚兵長のギャンブルでバウンスさせ切り抜けたが、人魚兵長自体はサメに食われ、さて、蒐集王で何を調達してこようか……という場面。

 サメの攻撃で人魚兵長のHPは残り2になる。しかし河童や翼竜が考えられるので、できれば火力で焼き尽くしたい。
 だが序盤は魔力不足。
 見習い魔女では1点だし、炎の魔女は青単では使えない。
 マジシャンも魔力が足りず1点火力でしかない。
 火竜の首で双方2点、蒐集王が生き残る作戦がベストだが……

 ここでも手札にプリンセスがあることが光る。
 河童、翼竜のどちらにもプリンセスで対応できる。人魚兵長にはそれで勝てる可能性が高い。
 となると、調達しなければならないのは後続を処理するためのカード。
 後続は読めないが、バウンスしたゴブパラで攻めてくる可能性がある。ゴブパラに火竜の首の火力をたたき込めれば蒐集王のみが生き残ることになる。
 しかも先攻クリーチャーと相性のいい人魚メイジが手札にきている。安い先攻クリーチャーを調達してくるのは有りだろう。
 ……という思考で火竜の首を選択。

 ここで個人的にちょっと面白いと思うのは、火竜の首より先にプレイされるプリンセスが、蒐集王で調達してきたカードに見えること。
 もしプリンセスを調達してきたと勘違いしてくれたなら……
 ↓
 蒐集王を使ったから青単デッキ……次のカードも青いカード……
 とミスリードできるため、火竜の首はますます読みにくいカードとなる。

 穴はたくさん考えられるものの、結果的にこの作戦はうまくいった。



 この戦術を山越の蒐集王と名付けよう(提案)
 こういうことしたときに限って、なぜか撃墜王や巨大アンコウが手札を覗いてくるのだが……
 オルトロス見切って用意していた緑ドラゴンが無惨に砕け散る……ああ無情……




 ----- 以上 -----

 アーク さん、ざっとこんなところです。

 ちなみに最近やっとプリンセスのよさに気付いて活用しています。
 安くてなにかと便利です。
[PR]
by cardfan | 2013-06-23 03:40 | 構築 | Comments(1)
Commented by アーク at 2013-06-26 19:23 x
たしか4戦していただき1勝3敗だったと思います、完敗でした。
対戦してみた感想として、蒐集王の強みは相手に何を手札に加えたかがわからないことにあるように思えました。
カオスドラゴンやスカイドラゴンなどの相手にも簡単に読めるカードはともかくとして(どちらも読んでも仕方がないカードですが)、火竜の首などの読みにくいカードで状況を優勢に持ち込める潜在性を秘めていると感じます。
私もあらぶるkさんのデッキを参考にして何とかレートで使える蒐集王デッキを模索していきたいと思います
では、ありがとうございました


<< 海賊王にオレはなるっ!!!(どんっ) 【ver.0.40】デッキデス... >>