最近の対戦

e0295317_1491913.png




 レート1748かー
 間違って1800いけるかどうかってところだなー
 間違いが起きないかなー

 レートロビーへ



e0295317_1501452.png




 ぐはあぁっ!

 レート1400未満に4タテいかれたっ……
 初戦で負けるこの負のジンクス、どうにかならんか……

 これで19位に。
 そのあと4連勝して左側に復帰する。

 その4戦のうち際どかった場面を抜粋する。


-----vs がごぜ さん----



e0295317_264175.png




 エルフスタート。
 海賊子分をサラマンダーで焼こうとしたがイソギンチャクプレイでエルフが丸焦げに。
 待機所におりたったサラマンダーは拉致られた。

 2枚目サラマンダーで子分を処理するも、
 アンコウで手札を覗かれ、大砲であるマジシャンを奪取されてしまう。(上画像の状況)



e0295317_272945.png



 マジシャンがいつとんでくるか肝を冷やしながら先を読む。
 手札を覗かれていることを逆手に取り、あいてのスルーを読み切り、ミノ投下。
 (サラマンダー攻撃力3+炎の魔女2点=アンコウのHP5、を嫌うと予想)

 サメ警戒&唯一後攻ではないサラマンダー除去に炎の魔女。誤爆してもミノは耐える計算。
 無事サラマンダーに命中。
 やっと1点……。

 その後、ゴブリン戦車がサメに食われる。



e0295317_2101841.png




 ここから逆転するためには無効クリーチャーをつくって火力や除去連打が上策。
 そう思い、比較的大きなサイズであるサメに森神。
 あいては雪女。

 後攻のアンコウなど恐れることはない、
 きっとサメが勝つ、
 その次は朱雀を打とう、
 そのために錬金術士で魔力を溜めよう、
 そうしよう。

 錬金術士を使用。サメでも怖くないぞ。
 と、思っていたら……翼竜……。入っていたのか……orz

 無効サメが先攻アンコウに負けてライフが1-3に。
 あとがない。



e0295317_152415.png



 先攻アンコウをツタで後攻に戻しつつ森神で殴る。

 とうとうファッティの登場。
 ヤマタノオロチでかい。しかも翼竜回収していった。やばい。

 もう朱雀うつしかない。
 でもこれ100%サメうってくるパターンはいってる。


e0295317_2145699.png




 案の定、サメにくわれた。
 だが二枚目朱雀がきている。
 クジラの魔力もない。
 ここでサメは打たないだろう。
 そして朱雀が通る。



e0295317_2164038.png




 さあ、奪われたマジシャン、もうくるだろう、いつくるか。

 ぼくなら魔力を溜めて次のターンに海賊女&マジシャンにするだろう。
 そうなったらもう手がない。
 もう詰んでいる。
 だがそれは自分の手札を知っているからこその思い込み。
 ここはガマン。
 このターンだけは、まだ負けはない。
 この朱雀は将棋でいう「金」……
 まだ詰みではない……
 いわゆる「Z」……(よく知らんけど将棋漫画『ハチワンダイバー』で覚えた。)

 だからとにかく次のターンへは辿り着ける。
 と、悲壮な覚悟でカードはプレイせず。

 あいては海賊女&翼竜。(上画像の状況)
 よっしゃキタコレ。
 この場面で翼竜手放すとはおいしい!(ゲームが終わってから振り返ると翼竜もう一枚もっていたのだと分かるが)

 次、翼竜&マジシャン確定だろう、おそらく、たぶん……ムニャムニャ……



e0295317_223445.png




 そおおおらきたぞ!
 マジシャン来た!
 返す刀で炎の魔女だ! サメが怖くない一手ウヒョー!!!



e0295317_2252851.png



 そして決着!

 赤呪文のタッグの勝利。
 朱雀二枚引きがなかったらここまでこれなかった。




-----vs sanabu さん-----



e0295317_2274656.png



 決着のこのシーン。
 マジシャンをサメに食われ、泡吹いて倒れるかと思ったが……
 魔力不足でミノ生存……
 ずっと人魚マダム警戒で翼竜ミノなんか信じていなかっただけに、ミノがすごく格好良かった。


 1点先取できていればスカドラに無効つけて、スカドラを逆手に取った戦略でかなり有利な展開に持ち込めたのだが、それができなかったばっかりにヒィヒィいいっぱなしだった。



-----

e0295317_2305766.png


 というわけで、このポジションに戻ってきた。

 こんなことを毎日繰り返している……orz
[PR]
by cardfan | 2013-03-25 02:32 | 日記 | Comments(0)


<< 1800の壁 リッチについて >>