勝てる無効朱雀を目指して 【ver.0.39】2


 この一週間も無効朱雀の試験を続けていたので、
 試行錯誤の成果のほどをご報告いたします。
 (本命のレシピは一番最後のやつです)



●ゴブリンタイプ

e0295317_1821157.png




 某ブログでゴブリンデッキのレシピをやっていたので、軽い気持ちでゴブリンタイプを試作。
 ぼくがゴブリンデッキを作るときは、煙竜を倒せるかどうかを必ず視野に入れる。
 ライフ4-1の圧倒的有利な状態から煙竜の煙連打で逆転されるとトラウマになるので……。

 序盤から形成が決まれば、あとはもうそのまま突っ走るだけだった。
 魔力が若干たまりにくく、朱雀→森神と連続してプレイできなかった。(とはいえ、朱雀も森神も単発で十分効果的だった)

 逆に序盤の形成を決められないと、そのままずるずる負ける。
 逆転ができない。
 このままだと除去が足りていないらしい。

 ゴブリンデッキなら青か黒と組んだ方が楽しいので、このタイプはこれ以上掘り下げないことにした。



●パンダタイプ

e0295317_18282581.png



 軽くネタに走りつつ、半ば本気で。
 序盤に優位に戦えるクリーチャーで固めてみたかったので、熊を採用。
 ソードマスターで熊のレベルをあげたい……というロマンス成分有り。
 火の鳥によるレベル操作が熊とソードマスター双方にとって有り難い。
 また、火の鳥は招き猫の発動条件も満たしてくれる。
 うむ、シナジーの鬼のようなデッキだな。(アホカ

 実際に使ってみると……
 魔力がなかなかたまらない……orz
 無効朱雀なんて一度も使えていない。



●練金タイプ

e0295317_1833413.png


・エルフからスタートしてサラマン翼竜ツタ炎の魔女でフォローするよ!
・ミノ翼竜かミノツタで殴るよ!
・ミノか炎の魔女を錬金術士で魔力に変えれば魔力はあっさりと朱雀圏内だよ!
・ミノはHP5だから結構、誤爆に耐えられるよ!


 前回のエルフタイプ(レベル2+無効朱雀)に光を見出したので掘り下げたのが、これ。
 錬金術士を3枚積みにし、錬金術士の餌となる炎の魔女を大量投入。
 コスト(レベル)に対する攻撃力のアベレージがとにかく高いデッキになった。

 ミノタウロスに頼るようになって、序盤の安心感がエルフタイプのときとは段違い。
 翼竜かイニ有りでツタを使えればスカドラにだって勝てる。
 後半も補助さえあればやはりファッティに打ち勝てるし、無効朱雀が地味に苦戦することもある世界樹を相手にしても困らない。
 なんなら戦場に立っていてくれるだけでいい。敵クリーチャーを火力で焼いてしまうから。




 使っていて楽しかったので、昨日からレートロビーに出てみた。
 1630~1670をうろうろしていた。
 サラマンダーの火力に頼っているところが大きいので、緑眼による手札破壊が辛かった。(昨日は緑眼がやたらと多かった印象。あとソードマスターも)

 炎の魔女の2点はさすがに頼りなかったので1枚だけ緑ドラゴンにチェンジ。
 本日、1700越えを果たした。



e0295317_191081.png


 運良く九位に。
 今年初の左側。




 -----


e0295317_196136.png


 ミノを使うとき、あまり翼竜に拘っていない。
 むしろ相手が過剰にミノ翼竜を警戒していることを利用して、素で戦場に出ることもしばしばある。
 そうして翼竜を持っていないと思わせておいてから翼竜を使う。なんてことも。
 状況次第、直観次第だけど。

 緑眼が待機所にあるときは要警戒。
 先に先攻クリーチャーをつくっておけば、相手は火柱か翼竜を使ってくるので、そこにツタか火力を合わせる。……というのが今のところの(苦肉の?)策。先に先攻クリーチャーをつくられるとシャレにならん。




e0295317_19144266.png


 錬金術士があるのでデッキデスには若干の耐性がある。(気持ち程度だが……)
 が、イニ有りで錬金術士つかってもどうしようもないな……。



e0295317_19252226.png


 錬金術士を使って、ミノを魔力に変えるべき状況か、ミノを残してライフをとれる状況か、じっくり様子見する。

 堕天使クラーケンで堕天使の敗北効果がついてしまった → だがライフ1点とれるなら……。
 魔剣で呪いをつけられてしまった → 次のターン間違いなくイビルアイが……。しかしライフ1点とれる……。
 さてイビルアイがくるが錬金術士で敗北効果だけは回避すべきか → あいてはクラーケン(後攻)だから2枚目のミノで勝負。(河童こわいが……)

 こんな感じだった。


e0295317_19323351.png


 イニ有りコボルトによって戦場のクリーチャーをサクリファイスしてしまうケースは常に考えておく。



 他には魔力フェイントが深い駆け引きを生み出していた。
 ミノ連金で魔力が増えると、
 相手はどうしてもマジシャンか朱雀がぶっぱなされることを考える。
 緑エルフスタートだと後半戦は毎ターン魔力9あって朱雀を念頭に置かせることができる。
 その裏をかいて勝てると痺れる。




 ----- たわごと -----

 炎の魔女はサメ抑止になっているのだろうか。
 使ってみる側からはどれほどの心理的重圧がかかっているのか、リアルに想像できない。

 むしろ炎の魔女にサメを合わせられても辛いときは辛い。
 炎の魔女(つまり攻撃力6)それ自体は相手の待機所に降り立ってしまい、これが困りものになることも……一度だけあった。
[PR]
by cardfan | 2013-03-16 20:01 | 構築 | Comments(3)
Commented by アーク at 2013-03-16 23:00 x
初めてブログを拝見させていただいたのですが
デッキ構築、本当に参考になりました。
ありがとうございました。
Commented by matchpomp at 2013-03-17 04:11 x
左ランキング入りおめでとうございます!
そして、あらぶるkさん更新ですよ、更新!
招き猫とリッチが強化されてうれしい
しかし、スカドラ弱体化された模様
でも吸血鬼の効果が今回の更新で一番おもしろかった
Commented by cardfan at 2013-03-17 08:55
 アークさん、コメントありがとうございます!
 最近やっと まともなことを書けるようになってきたばかりですw
 参考になれば幸いです。


<< 0.40キター 緑ゴーレム物語 >>