他プレイヤーのリプレイから学ぶ最新デッキ


 他人様のリプレイを見ていると、新しい発想や的確なプレイングに驚かされる。

 最近の更新で導入されたカード、修正されたカードの、これまで見えていなかった意味が見えてきたりもする。
 招き猫も、もしかして、思っていた以上に実戦に耐えうるカードなのではないか……



●カラーコレクション(その2)より
e0295317_1428927.png


 精霊からスタートし招き猫へ繋ぐ。
 招き猫により出現した待機所のカードをシスターで手札に回収。
 これにより手札枚数が爆発的に増加し、手札の色数もヤタガラス抜きで4色揃えられる可能性を持つ。
 精霊の敗北効果で魔力も蓄積し、首長竜の性能もフルに発揮され、選択肢に富んだプレイングを実現させる。
 基本は実績のある青と緑のコントロール系デッキ。



 このリプレイ見るまで、敗北効果持ちでも招き猫の効果を発動できることに気付いていなかったorz
 勝利効果限定だと思っていたよ。

 この圧倒的なドロー効果でスキュラロックに持ち込もうとしても機能するだろうか、と少し考えた。





●自然な流れで力石より


e0295317_1442632.png


 尖兵→赤ゴーレム→力石 の無理のない流れでイフリートと同じ効果が得られる。


 あんなに使いにくかった赤ゴが、どことなく扱いやすく見える!?
 赤ゴの攻撃力+1修正はこのためだったのか!? (緑ゴを一発KOできるサイズにしたというのが本当のところだろう)

 力石のパートナーとしての赤ゴは、炎使いやガーゴイル&火柱よりもスマートな気がする。
 気のせいか……。





●青単の卵添えより
e0295317_14472762.png




 人魚予言者で卵を予言。
 ワシで相手に卵を引かせて、催眠術師で卵をプレイさせ強引に予言的中。オールバウンス。
 コンボパーツ調達のために蒐集王3枚積み(ゆえにワシ以外は青単)だと推測される。


 催眠術師を活用するために巨大アンコウやオウムガイで手札を覗き見るだって!?
 だが使われて困るカードだらけだったらどうする!
 それならはじめからクソカードを相手のデッキに混ぜてやれ!
 ついでに予言者もスタンバッとけ!
 ……カードコマンダーですねえ……。





●メドゥーサの仕様変更より

e0295317_1504188.png

      ↓   ↓   ↓
e0295317_151144.png




 序盤にクジラでメドゥーサを拒絶したため、相手の手札にメドゥーサがあることを知っている。
 その状況で催眠術師にてメドゥーサを指定。
 次にプリンセスでコピー。
 メドゥーサは、
 ver.0.36であればガーゴイルにメドゥーサを重ねがけできたが、
 ver.0.38からは使用効果持ちしか対象にとれなくなっている。
 つまりプリンセスのコピーにより戦場のクリーチャー双方がガーゴイル化するためイニ有りが勝つ。


 攻防の中で指定するカードを見極める催眠術師(おそらく1枚挿し)もカッコウイイが……
 それよりもこのプリンセスを駆使した戦術が鳥肌もの。
[PR]
by cardfan | 2013-01-13 15:15 | リプレイ録 | Comments(0)


<< 力石特集だ! 読み >>