タグ:ウィッチクジラ ( 3 ) タグの人気記事

( ФωФ)さんからの贈り物 青黒サンタ


 ( ФωФ)さんからウィッチクジラベースの青黒サンタ催眠の調整を依頼されていたのですが、
 その後、( ФωФ)さん当人が調整してレート1770~1790まで到達されたそうで、
 僕が調整する意味がなくなってしまいました。(依頼主がハードルあげてきた……サドや……)

 そもそも調整前からレート1740に到達していたようなので、すでに一つの完成形かと思われます。
 僕も調整前のものを使ってみましたが1700ヨユーでした。最近強いデッキ使ってなかったのでアワワワ……ってなりました。(40戦29勝11敗)

 こちらが調整依頼を受けた原型です。


e0295317_11033076.jpg


 ウィッチクジラベースとはいえ、
 サンタ-催眠のコンボで楽しいことをしたいデッキなので
 相手に適度に魔力を供給する使い魔が3枚積みというところが意外性に富んでいます。
 使い魔-クジラの動きも強化されて序盤も中盤もクジラが活躍できますね。

 初手アタッカーがウィッチ、サンタの6枚に、準初手としてウミガメ、使い魔の5枚でド安定、
 早いリセットのシーサーとちゃぶ台返しの青龍、
 とどめを刺すためのカードも催眠術師、クジラ、死神の9枚で超強力というところを考えると
 強さが分かりやすいでしょうか。

 少なくとも催眠術師3枚積みをするデッキとしては高度に完成されていると思います。
 もう僕がいじる余地がないです。



 ぱっと気になったのは、
 ・初手ゴブパラの動きに2点以上のビハインド確実という致命的弱点
 ・死神多すぎる?
 ・初手ウィッチからクジラ以外に繋げられるカードがないのはつらい。デュラハン、メドゥーサが欲しい。
 ・初手サンタの後、魔力が限られ動きづらい。



 初手はサンタとウィッチならサンタなのですが、サンタで1点とれると思って戦場に出たときのゴブパラは血涙ものです。
 他のサンタに勝てるL1(飛び火、タツノオトシゴ、イニ有りアルマジロ)が相手ならウミガメ2枚が有効なのですが、ゴブパラだけは……。煙バフォ、煙首長竜もありませんし、ご愁傷様です。
 サンタ→煙の動きで魔力的に余裕を持たせておければ違ってくると思われるのですが……。



 デッキネーム「催眠死神」から察するにサンタで死神を送りつけて催眠で手札全損を狙うことを目標としているようですが、実際のところサンタで送りつけるのはウィッチというパターンが一番多く、死神を送りつけられるパターンが限られていました。(限られているゆえにベストのタイミングに気づけず、見逃すことも多かった)
 それでも死神強いのでこれはこれでいいのですが、初手ウィッチからの接続まで考えるとメドゥーサとか増やしたいところです。

 魔力がなくなりやすいので( ФωФ)さんが調整の段階でカオドラ抜いたのも頷けました。
 カオドラをいれるために催眠術師の枚数を減らし始めると間違った方向にゆきそうなのでやめておきます。



 サンタデッキ特有の動きに慣れないと死神送りつけるの難しかったです。死神を打つ魔力4がないのに死神を催眠してしまったことも……

 サンタや催眠術師のごく単純な心理トラップの仕掛け方も分かっていないとやりづらいですね。

 催眠でウィッチを指定されたので1点確実に失うから待機所のファッティを戦場に出してライフを取りに行くことを強要させておいて死神とか。(ライフ残2の相手はアタッカーを無補助で戦場に出してきます。この誘い出しは相手を操作してる感が強くてくせになります)

e0295317_11051275.png
 ▲こういう状況です。相手はきっとデュラハンも持っていたのでしょう。



 思考誘導しやすいんですよね。思考誘導をどこまで信頼していいのか難しいところですが。でも「変に裏をかかれないかぎり、普通はこうくるはず」というパターンに持ち込めることが多いと感じました。ものすごく青黒っぽい感じ。



 ----- 調整 -----



 もともと僕も青黒サンタをつくってみたかったのですが、
 バルカモニカさんがすでにつくっていて、二番煎じのデッキしか作れそうにないからと悩んでいたところでした。
 しかし、( ФωФ)さんを見習って煙禁止で調整すると独自性がでてきそうだったのでやる気も出てきました。



 3枚積みの原形を残しつつ、
 初手ウィッチの動きをよくしようとメドゥーサ、デュラハンをいれてみたものの、レートは下がるばかりでした。
 ありゃりゃ……
 手を加えるほどに弱くなっていく。
 ( ФωФ)さんのレシピはマジ完成形だったようです。

 それでも調整するならもう別デッキになってしまいます。
 その点は( ФωФ)さん、ご了承ください。



 最終的に仕上がったのがこちらになります。
e0295317_11063477.png
 ▲調整するごとにKの数がふえていきます。(ドウデモイイ

 139戦 71勝 44敗 (勝率68%)
 最高レート 1772

 139戦するなかで2度、R1500台まで転落しましたが、3度R1700以上に顔出しできました。
 1700以上を体験していた時間が長かったように感じられました。
 環境にはまると連戦連勝するデッキでした。



 僕の調整を待たず( ФωФ)さんが独自で仕上げたレシピがこちらです。
e0295317_11072468.jpg
 僕より高いレートを経験してるそうですorz

 催眠術師3枚キープに死神2枚、カオドラも。
 ( ФωФ)さんの方が原型のコンセプトを残していて、僕のレシピが恥ずかしいものに感じられました。

 死神強いですね。
 死神にしか頼れないデッキと死神以外もあるデッキ、どちらが怖いか思い知る一品でした。



 ----- 感想 -----



 サンタのサイズがでかいのでL1と見合っても強いし、見合わなければなお強い。
 ライフリードしてから催眠で動きを縛るとなお強い。
 いやらしすぎです。

 原型の段階ですでに強く、
 環境にはまればとにかく勝ちまくり、連戦連勝しやすいゆえに1700まで届きやすく、
 また脆さも併せ持つため転落しやすい、
 そんなデッキでした。

 勝率九割越えの日もあればその逆もあるという……。
 なんだろう、このムラ。
 爆発型のデッキなのか。
 それとも安定型のデッキゆえのパワー不足が裏目に出ることが多かったということなのか。
 青黒だとサンタを補助するためのカードがバウンスばかりになってしまって、そこが弱いですね。天狗やガーディアン、シャーマンまである青緑はえらい。

 環境にゴブリン使いが二人いたときはもう息もできないくらいでした。
 騎兵もかなり苦手でした。サメ、マダム、バウンス、どれも通じず、墓地から幽霊が湧いてきた日にはもう耐えられません。
 そういった弱点を補う方向性で調整していくと上にあげたようなレシピになりました。
 首長竜とバフォメットがあればゴブパラは凌げるはずです。

 オルトロスもちょっと困ります。
 HP3を焼けるでもなし、L4をバウンスできるでもなし、バフォメットも通らない。
 アンコウのステータスで倒してもミミック、ネクロ、バフォメット、魔剣されるとつらい。
 そもそもアンコウ出す時点で1点とられ、手札を二枚破壊され、アンコウが勝ってもHP残1になってしまい、つらい。
 煙が入っていれば煙からメドゥーサでサンタをガーゴイルにする選択肢もでてくるので、やはり煙は偉大です。

 スカドラとはほとんど遭遇しませんでしたが、カブトガニを使うスカドラはかなり苦手な相手になるので、青黒サンタを懲らしめたい方はスカドラに手を出してみてはどうでしょうか。



 青黒サンタをはじめた頃はサンタでウィッチを送りつけ、催眠術師が使える魔力がたまれば即座にウィッチを指定していたのですが、みなさん学習されてウィッチを送られた時点で即座に消費してしまうプレイヤーばかりになってしまいました。
 こうなると催眠術師を使うタイミングをもっと賢く考えてゆかねばなりません。プレイングが勝敗に影響しやすいデッキということで、上級者向けになるのでしょうか。
 まあウィッチはバウンスしてもう一度手札に戻ってもらう定めなんですがね、あるいはマダムのエサに……フヒヒ……

 プレイングや思考誘導のノウハウは各プレイヤーの財産ということで説明は端折ります。分かってないから今やっても恥かくだけですし。


 青黒サンタと戦う側のプレイヤーは、送りつけられたウィッチは催眠される前に自発的に使って魔力に変えてしまった方がよいですね。
 結果的にライフイーブンか1点ビハインドになるぐらいですむのなら採算が合います。ライフ残2になってから催眠されるとリスクでかすぎるので、それを回避する方向で動くべきでしょう。
 サンタからスタートされたら、次のターンはバウンスにさえ気をつければ強い除去はこないので、L3スタート→送られてきたウィッチを消費、あとは絶えず仕掛けていく感じで意外と簡単に勝てるのではないでしょうか。




[PR]
by cardfan | 2014-12-04 08:25 | 構築 | Comments(1)

魔法少女ウィッチクジラーとタコ戦略

 記事のタイトルは勢いでつけた。
 内容とあまり一致していない。



e0295317_0552568.png


 1700からスタートし、1600まで転落、そこから更に下がって、1550ぐらいから仕切直し。
 再び1700まで戻した。戻せた。バウンス!

 死神を入れたのがよかった。
 山のようにある手札を捨てるはずがないと思わせての、まさかの死神! という ごり押し。
 二回ぐらいは役立ってくれた。

 世界樹、緑ゴーレム、朱雀、デュラハンあたりに逆転されることが多かったので、ソーサラーも検討した方がいいかもしれない。
 (しかしスペースが……イソギン1枚減らすか? 首長竜と交換か? 死神やめるか?)



 ----- タコ戦略 -----

 ウィッチクジラだからウィッチからスタートするのだが、ウィッチが引けなかったときのためにタコがいる。
 というかウィッチ抜きにしてもタコが強い。便利。



e0295317_145419.png


 どうせ相手の色も何も情報がないっていう1ターン目だから何も考えずタコを使う。
 初手にウミガメがセットで来てくれていると非常に有り難い。
 上の画像の場合だと、煙がないため、タコで煙を引きたいなーと思いながら使っている。
 煙、なかったけどな……。

 で。
 相手は1ターン目をスルーしている。
 となると、ここはウミガメではなくトラバサミの出番。
 初手になくてもタコがトラバサミを引っ張ってきてくれる。
 かなり有り難い展開。
 このままタコで2点連取できる可能性が高い。(火竜の首、ゴブパラ、煙からのワーエレ、あるいはイソギンチャクなど、穴は多いが……)



 ウミガメさえいてくれれば、イソギンであってもアタッカー一号として出撃してもらう。

e0295317_1114347.png


 この場合も相手がスルーしているのでウミガメではなくトラバサミに作戦変更。

 イソギンはピクシー、ラッパ妖精、ドルイドといったレベル1に勝てるステータスなのが地味にありがたい。
 が、やはり、タコの方が望ましい。
 じっくりと様子見できるタコの使い勝手は尋常ではない。




e0295317_11686.png


 あ、このデッキはウィッチクジラじゃないな……
 それはともかくとして。
 煙を引けなかった。
 こういうときは、どれを引くのがいいのだろうか。
 あいてがスルーしてくれているのが有り難い。

 考えられるパターンとしては、
・オルトロスを引き、次のターンをスルーして魔力を溜めてからプレイする。
 (オルトロスに限らず魔力4溜めるパターン)
・タコを引き、次のターンにそのタコをプレイし、状況に合わせてバンシーか狼男をプレイする。
 (タコで再度、選択の幅を広げつつ、少なくともレベル3を投入できるパターン)




 ゲーム序盤を過ぎてからもタコの使い時はある。

e0295317_1204485.png


 上画像は、相手の朱雀を読んで、対抗できるクリーチャーとして狼男を投入した場面。
 (余談だがウィッチクジラがレート1700越えを果たすまでに狼男は3体以上の朱雀を狩っている!)

 相手はこちらの河童を警戒してうかつに攻めてこられないだろう、と読めたが、朱雀を葬れる貴重なクリーチャーを不確かな戦場へ送り出すわけにもいかない。
 そこでタコである。
 相手は朱雀を戦場に出さないであろうから、タコで河童を引いてこられれば、狼男と河童のコンボが使える。
 しかも一度 狼男を待機させているだけに僕の手札に河童がない可能性が高い、と相手は考えてくれるだろう。
 もし朱雀が様子を見ず戦場にでてきたとしても、タコでクジラを引ければ、イニ有りになる次のターンに狼男を守りつつ朱雀を倒しつつ後続を断てる。

 果たして、河童を引けた。

e0295317_1274388.png


 河童ばかりかクジラも来てくれて大助かり。

 状況に応じて臨機応変に動けるタコ。
 メドゥーサでガーゴイルにすれば戦力になるタコ。
 すばらしい。



 ちなみに、初手にウィッチがなくて仕方なくタコでスタートしたときも、相手がスルーしているならタコでウィッチを引っ張ってきて、タコを戦場に送り出しながらウィッチを使う。
 (ゴブパラにタコを潰されたらライフがいわゆる2点ビハインドでピンチだが)



 ----- ウィッチクジラ vs 青緑-----

e0295317_1304766.png



 青緑の方が強い(断言)
 というかワーエレが強い。

 一番多く負けたデッキタイプだと思う。

 上画像はウィッチスタートできたもの。
 しかもウミガメのお供付き。
 無事に精霊をバウンスできた。
 精霊の後続であるランプの精は、イソギンでウィッチとウミガメを入れ替えて倒した。(ウミガメさん、結構大きくて頼りになる)
 だがドルイドから魔力を溜めて矢継ぎ早にワーエレファント。
 うかつにもワーエレの存在を忘れていた僕はドルイドが出てくると思って首長竜……



e0295317_1405356.png


 このあと負けたはず。

(後から考えると、首長竜ではなく狼男を投下し、狼男でゾウを倒し、本体のワーエレは狼男&河童で倒すのが最善手か。そのときは人魚マダムかシーサーペントにやられただろう。あいては植物使いも持っていたし)


 青緑の強さの半分はワーエレでできている気がする。




 -----

 そういえば、はじめてレート900台の人を見かけた。
 こちらは1500台だったのに勝ってもレート+1だった。
[PR]
by cardfan | 2013-09-08 01:48 | 構築 | Comments(0)

ウィッチクジラで8連勝 ランキング左側(一瞬だけ)


 速攻系のデッキがメインだったから、
 次はコントロール系のデッキで勝ってみたいな、
 ということで青いデッキにしたかったのだが、
 青黒が怖い&難しい印象があったので、ウィッチクジラをやってみようと思いたった。

 やってみて分かったが、ウィッチクジラのコンボが決まると強いw
 このコンボは初手とイニシアチブで成否が決まっているようなものだから狙いやすい。

 でも8連勝は正味、運が良かっただけ。
 運を掴むにも自分はヌルいプレイングをしないよう集中していないといけないのだけど……
 って、そんな話じゃなくて、
 デッキ構成が即興だし、何にも参考にしていないから、練るのはこれから。



 レシピは以下の通り

e0295317_21311531.png

 ▲レート1778とか初体験だわぁ。このあと2連敗するけどなw



 見ての通り、
 ウィッチ3枚積み、クジラ3枚積み、イソギンチャク3枚積み!
 コンボ狙いしか眼中にないような構成w

 3枚積み、きンもちいい~っ!!!

 使い魔も3枚積みで、さすがにやりすぎの感は否めない。
 この先どういじろうか……。
 自分の頭だけでは妙案が浮かばない。
 イソギン一枚抜いて人魚メイジとか、それぐらいか。



 それは自分の課題にしておくとして……
 以下、ウィッチクジラを知らない人向けの、デッキが回ったときの解説。



●ウィッチクジラのコンボ

 1ターン目 ウィッチ
 2ターン目 クジラ (ウィッチは攻撃。ライフ1点先取!)
 3ターン目 イソギンチャク(ウィッチとクジラを交換! ライフ1点削る!)

 もちろんウィッチでは勝てないレベル1クリーチャーと鉢合わせるとつらい。
 (イニ無しでウィッチの勝てるクリーチャーなんていない。怪火やガーディアンが無防備に攻撃してくるはずもないし)
 イニシアチブがないとクジラが完全に決まる保証がないのでつらい。

 つまり理想は、こちらのウィッチと相手の煙壺がはちあわせ、次のターンにイニ有りクジラが相手のカードを打ち消す、このパターン。
 これが決まると圧倒的に優勢な場を保持したままゲームが続く。



e0295317_21571459.png

 ▲ウィッチを除去されてもwinするために次はイソギンチャクをプレイしたいところ。




●ウィッチとメドゥーサのコンボ

 クジラがなければメドゥーサを使う手もある。
 戦場に出たウィッチがガーゴイルに化ける。
 イニシアチブがない場合はマジシャンなどに焼き切られてしまう可能性があるので注意。



●ウィッチからデュラハンへ繋ぐ

 クジラもメドゥーサもなければデュラハンへ繋ぐつもりでプレイする。



●ウィッチからトラバサミ→ヤマタノオロチ

 1ターン目、ウィッチを使用した際に相手がクリーチャーを使用しなかったなら、トラバサミを展開してもいいかもしれない。

 1ターン目 ウィッチ
 2ターン目 トラバサミ (ウィッチ攻撃、ライフ1点先取!)
 3ターン目 ヤマタノオロチ(トラバサミに捕まっている相手のサブを強奪! ウィッチがまたライフ1点削る!)
 4ターン目 イソギンチャク(ウィッチとヤマタノオロチを交換し除去を回避する。またまた1点!)
 5ターン目 あれえ? 相手のサブはトラバサミで動けず、ヤマタノオロチを脅かすものがなにもないよ? 勝利!

 これほどうまく決まるものでもないが……。



e0295317_2155159.png

 ▲決まるとトラボルト(トラバサミ&コボルト)より凶悪。イニ無しなら人面樹も怖くない。



●その他
 ウミガメはウィッチを勝たせるために相手のレベル1をバウンスしたいから入れている。
 青龍はリセットカードとして一枚挿し。
 窮地はマダムで切り抜ける。



e0295317_21542119.png

 ▲マダムで弱いクリーチャーを引っ張ってきて1点!



 アルマジロに対抗できるようにウミガメ増やすべきなのかな……。
 ちょちょいといじって、もう一度レートロビーにいってくるとしよう。
[PR]
by cardfan | 2012-11-11 22:05 | 日記 | Comments(0)