<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

赤黒地獄蝶幽霊7 弩兵改


e0295317_20570929.png


 これは前につくった地獄蝶幽霊ですが、
 僕のレシピだとカード単体のコストが高く、
 (メドゥーサ5コス、デュラハン7コス、朱雀9コスなど、他、見ての通り)
 毎ターン動ける構成ではありません。
 そのため後手を引くと動きが単調すぎて読まれやすく、息切れして持続性がありませんでした。

 地獄蝶-幽霊の組み合わせの相性がいいのはいうまでもありませんが、
 これだけで6枚分のスペースが埋まり、
 あれもこれも詰め込むという選択とは相性が悪かったようです。

 地獄蝶の効果はシルバーバレット(ピンポイントで対策カードを引いてくるデッキ)をやれといっている!
 と思って組んだ前作は、そのためにちょいと弱い部分があります。

 バランス良く組むよりは偏りを持たせて爆発的な動きに期待するべきでした。
 他の方々の赤黒の地獄蝶デッキを見てみますと、
 ルゥイさんの場合だと死神騎兵を多く抱えた尖った形になってますし、
 悪、さんの場合だと幽霊なくても地獄蝶ネクロと弩兵のシナジーで十分となっています。



 僕の地獄蝶幽霊に話を戻します。
 このデッキ、地獄蝶で何を引いてくるかというと、実際に最も多く、安心感があったのは黒ドラでした。
 安いファッティを引いてくるのがよかったって、なんだそれ、という気もしますが、状況に合わせて考えると、結局それになってしまってました。

 地獄蝶幽霊を決めた場合、トラバサミや夢魔が有効だとする考え方が一般的ですが、
 地獄蝶幽霊が決まった時点で大きなアドバンテージが稼げているので、
 その後に更に尖ったアドの稼ぎ方へと走るのはいかがなものかと思うのです。
 たとえば相手がドルイドを使ってきた場合、幽霊で削ったソフト魔力ロックもトラバサミも同時に攻略されてしまうことになります。(もちろん夢魔も失敗に終わります)
 そういうわけで、地獄蝶幽霊で引いてくるべきは持続性のあるアドバンテージであるべきではないかと考えるようになりました。
 前のレシピでは、それが黒ドラゴンだったわけです。
 ネクロ引いたら使い回せるし、戦場の幽霊を死なせてもリソースは減らないし、
 連勝を拒否して黒ドラゴンをプレイする動きは地味に読まれにくいものでした。

 しかしいつも地獄蝶幽霊でスタートできるわけではありませんし、
 地獄蝶以外のスタートで後々地獄蝶が手札で腐りがちなのも問題です。
 効果だけ見ればチート級のドローソースなので、じゃんじゃん手札を捨てていける構造が欲しい。



 課題まとめ
・魔力不足で息切れしがち
・地獄蝶で引いてくるアドバンテージが持続されるカード
・中盤以降も地獄蝶が活躍する構築にしたい


 回答
・弩兵(+錬金術師で魔力もためる)


e0295317_20571993.png
 という流れでこのかたちに。
 一年前ぐらいから愛用してるデッキです。
 連戦になったら四戦目あたりでこいつがでてきたはず。



 -----



 赤緑の新種を回していると黒の書がウザすぎて、
 青ならいけるだろうと水先案内人に切り替えたものの、やっぱりきつい。
 黒の書デッキを構築したことがないからデッキ構成が見えず、全然読めてないのも痛い。
 リッチが間に合ってしまうぐらい展開を遅くされてしまって完全にペースを持って行かれてしまう。
 黒の書へのヘイトをためているうちに、「じゃあこっちも黒いデッキだ! 手札なんか自ら捨てるスタイルのやつ! これでどうだ」と、地獄蝶幽霊を引っ張り出してきたという次第。
 そしたら黒の書に遭遇しなくなった。なぜだ。



 レートロビーの平均レート低いし、その割りにうまいプレイヤーが多く、
 レートがなかなかあがらないので1700越えじゃなくてランキング左側を目標に変更。
 1689(12位)で終え、翌日ランキングをみると1689(9位)になっていた。
 やったぜ(ナニガ

 んで、一応1707にタッチして下降していった。



 初手に幽霊もマグマ男もいないときに様子を見るようにしていたのがいけなかった。
 よくよく考えると受けて立つスタイルは完全に負けフラグになる構成だ。
 錬金術師でも放火魔でも出していった方がいい。ネクロも出し惜しみせず初手でいい。
 変に様子見するぐらいなら、アタッカーが一体でもいれば、手札に幽霊がなくても地獄蝶使っていってOK。

 そうしていたら平均レート+30ぐらいあったかなって。
 反省。






[PR]
by cardfan | 2015-09-13 21:26 | 構築 | Comments(0)

デッキタイプの分類とかダブルエルフとか

 カードコマンダーのデッキには
 使用効果重視のものと
 アタッカー重視のものがあって、
 それぞれでプレイングの性質が違っている。



●使用効果重視

 カードコマンダーの特徴はすべてのカードがクリーチャーであること。
 クリーチャーカードでありながら使用効果がついていて様々な領域に干渉する。
 そんな使用効果に重きを置き、アドバンテージを稼いでいくのが自然と言えば自然な発想。
 手札と魔力さえあればできないことはほとんどない。


 たいていの青いデッキは使用効果重視のデッキタイプとなる。
 バーン系はもちろん、遅延が絡むデッキは確実にこのタイプ。
 単色で組むとほぼ使用効果ありきの動きとなる。



●アタッカー重視

 バニラクリーチャーに代表されるように素のステータスに重きを置いて戦場を制圧していくタイプ。
 戦闘補助は少なめorシンプルで、使用効果以外のシナジーに頼る。
 待機所+戦場(すなわち相手にも見える領域)でアドバンテージを稼ぐ。

 アイスドラゴンはまさにこのタイプ。
 水先案内人が入る場合もほぼアタッカー重視。
 ケンタウロスリーダーをコロポで増やすようなコンボもこの手合い。
 カウンゴやケルベロスを使い回すグッドスタッフも含まれる、かな。




 使用効果重視の方が器用で融通が利く。
 そのぶん、いろいろ考えなければならない。
 赤マントに悶絶することもある。

 アタッカー重視は愚直で分かりやすい強さを持つ。
 そのぶん、度胸でスルーしなければならない場面が多い。
 死神に弱い。



 そして、このふたつのあいだにアタッカー居座り系があるとみることもできる。
 居座り系にも大きく二つあって、
 クマや吸血鬼のようにアタッカーを守って育てていく強化系と、
 黒ドラゴンや魔界樹のようなファッティをラッパ妖精やミミック、ネクロで使い回すタイプ。

 死神に耐性がある使い回し系の方が使用効果寄り、
 死神に弱い強化系はアタッカー寄りといえそうだ。





 ----- プレイングの差 -----

 使用効果重視については言うことはない。
 使用効果を駆使するのがカードコマンダーを楽しむことだから説明するまでもないだろう。

 しかし使用効果重視のプレイングに慣れてしまうと、
 アタッカー重視のデッキを使っているときに非効率的なプレイングをやらかしがちになる。
 (なりませんか? ぼくはなりますorz)

 戦場に出ているイフリートにソーサラーを使われそうな気がするから後続として中堅クリーチャーを用意すべきだろうかとか、イソギンを使うべきだろうかと考えがちだ。
 当人はリスクをケアしているつもり。弱い部分にフォローを入れているつもり。
 しかし実際には強い部分をスポイルしていて、度胸でスルーすればそのままイージーに勝てていたところを落としてしまうのである。

 戦場に出ているデュラハンに死神を使われるかも知れないから~と考えるぐらいなら
 死神なんてカードは存在しないぐらいのつもりで
 キメラを使ってガンガン押していくのが正解だったりします。

 はじめからアタッカー重視という不器用なデッキタイプで挑んでいるのに、
 なぜか割り切るべき場面で割り切れずに使用効果重視のときと同じ判断基準で選択しがちになってしまう。
 
 なにもしないという選択肢を選べないプレイヤーにとって、アタッカー重視のデッキはむつかしい。





 -----


 そんなで話はころっと変わって(?)
 ダブルエルフについて。

 ダクエル弱体化で死滅したといってもよさそう。
 どうせ初手にはならないし、もとから打てる余裕があるときにだけ打つカードだったので3枚から2枚になっても案外いけるんじゃないの?と枚数を減らしてみる。

 ダクエルが使いづらいとなるとアタッカー不足が深刻に。
 この課題をクリアできるか否かにダブルエルフ存続の成否がかかっている。

 遅延目的のスフィンクスに、これまでよりももっと粘ってもらいたいのでリーダーをいれてみる。
 補助にキメラ2枚積むデッキなのでリーダーと相性のいいコロポも積めちゃう。

 そしてこんな感じに。



e0295317_09282119.png



 このデッキはアタッカー重視のデッキ。
 エルフやデュラハンありきなので使用効果重視に見えるが、
 戦闘補助が不器用で、基本的にアタッカーのサイズにものをいわせてねじ伏せていくスタイルになる。

 戦場のスフィンクスの補助にデュラハン、キメラと連続して使って魔力がなくなってもワーライオンが強い補助になるのでピン差し。





 L4が多すぎて動きが遅く、レートロビーでは通用しなかった。(フリーでは勝てるし楽しいが、対戦相手が不快な思いをしそうなので使いづらい)

 もっと動きやすくしようとアタッカーをファントムに変えても補助のないファントムは信頼できない。
 グリフォンを入れたら結構いけるんじゃねとも思ったが、やっぱり補助の枚数が足りていないので場持ちしない。
 ファントムもグリフォンも強化系居座りでないとちょっと……。

 制圧力の高い煙竜が一番あり得そうだが(煙が補助になるとか有り難すぎる)、スフィンクスとリーダーの組み合わせの方が早いし柔軟性がある。

 僕が言うまでもなく、
 ダブルエルフは息してない。



 あ、流行のリッチを積むのがいいのかな、それは考えてなかった。(重そう)
 スペースはダクエル抜いてこじ開けるか。(コンセプト崩壊)





[PR]
by cardfan | 2015-09-07 09:35 | 構築 | Comments(0)