<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

魔力増加量の格差

 こんにちは。
 あらぶるk です。

 あれ以来、カードコマンダーは繋がらないまま。
 hozoさんからのコメントはどこにもでていないようで、復旧の見込みも不透明なままです。

 カードコマンダーに取られていた時間が他のことに回せると好意的に受け取るとしましょう!
 とかいいつつ、リプレイ録です。



e0295317_840167.png




 こちらは力石デッキ。以前のままの構成です。
 あいては黒緑の魔力ロック。

 ロックを決められてしまってグダグダした展開ですが、
 意外に楽しんでもらえたようです。
 最終的に good 評価は58、 bad 評価は8だったように記憶しています


 (追記 最終評価はgood88 bad6)

e0295317_223131.png



 ----------



e0295317_8424318.png


 スルー→火竜の首→サラマンダー と快調な滑り出し。
 ……いや快調なのはむしろ相手の方だったりする。エルフのせいで魔力増加量に早速、倍の格差が現れた。

 こちらは魔力が2しか用意できず、火竜の首を補助できないのでライフを取り返されてしまう……
 と思っていたが、人魚メイジを引いたので使うことにした。
 相手の動きがまだ分からないので、早めにライフ差をつけておきたい。なにしろこっちは力石デッキで、動きが読まれやすく、一度圧されると逆転はほぼ不可能なのでw



e0295317_8454130.png


 一枚挿しの人魚メイジが決まる。
 (ちなみに、この人魚メイジがゲームの明暗を分ける一枚となる)

 ここで相手のデッキが緑黒と判明。
 青と組んで遅延されるかと思っていただけに戸惑った。



e0295317_8484081.png


 力石デッキであったことが幸いし、混沌には炎使いがドンピシャで刺さる。
 が、カオスドラゴンが登場する。速攻はすでに失敗したといっていいだろう。雲行きが怪しい……。



e0295317_8512567.png


 ここでダークエルフが使用される。
 もう相手のデッキの全貌は見えたも同然。
 ・黒緑の魔力ロック
 ・混沌とカオドラで遅延
 ・デュラハンとスフィンクスも搭載されている可能性が大

 混沌とカオドラが組み込まれているため、スペースが圧迫され気味だと思われる。
 となると、ハーピー、ファントム、森神、キメラ、ツタ、ネクロ、ミミックこのあたりのどれかが1枚挿しされている……かな? ぐらいの予想を軽くしておく。



 まあ、もう遅延が始まってしまったので、予想が的中すればするほど辛いような状況w

 一体目のカオドラは火竜(手札赤一色)で破壊できた。
 しかし二体目のダークエルフで魔力増加量が更に減少する。
 混沌も二体目が登場する。



e0295317_8575322.png


 そして戦場に混沌、二体目のカオドラ。
 予想して翼竜を使って混沌を殺しているが、ばっちり遅延されている。
 ライフ、魔力、ともにデュラハンを確信させる展開に入った。
 そしてデュラハンが決まる。


e0295317_901072.png


 デュラハンのせいで魔力は空っぽ。
 魔力増加量は+1

 幸いにして錬金術士3枚積みという頭のおかしい構成のデッキなので、錬金術士に望みを託して2ターンスルーして魔力を2まで持っていく。



e0295317_992147.png


 錬金術士で火竜を魔力に変えると、その魔力を喰って炎馬が二体並んだ。
 炎馬の攻撃力ではデュラハンのHPを削りきれない。
 炎使いか火竜の首を使うことになる。
 ツタが怖いので炎使いは温存し、火竜の首にしておく。



e0295317_9122069.png


 そいつを入れていたか……(吐血)



e0295317_913117.png


 再び緑ドラゴンがあるかもしれないと考え、先攻軍団は攻めず、ゴブパラを投下する。
 ツタやキメラでも終わってしまうが、もうそんなこと言ってるばあいじゃない。

 ここで相手はウィッチを使用。
 デュラハンのための露骨なライフ調整かと思ったが、
 どうも勘違いによるミスプレイらしい。(当時のチャット情報)

 しかし遅延は続くw

 あらぶるk:ゴブリン戦車 相手:スフィンクス
 あらぶるk:スルー(山札:残4枚) 相手:(山札:残5枚)→バクテリア
 あらぶるk:錬金術士 相手:混沌
 あらぶるk:炎馬に炎使い使用 相手:スフィンクス

 炎馬が戦場のカオドラを倒してくれて窮地を脱した。

 あらぶるk:スルー 相手:カオドラ(戦場に混沌)
 あらぶるk:錬金術士 相手:デュラハン (下画像)

e0295317_9165953.png


 炎馬はデュラハンの餌食に。攻撃力が0になるため、錬金術士のエサにできず、魔力はそこそこしか確保されなかった。
 こうして迎えた次のターン(22ターン目)……
 手札にあのカードがやってきた。
 人魚メイジだ。
 1枚挿しだったが、相手がバクテリアを使用したのでデッキ内に舞い戻っていたのだ。
 ところで待機所には翼竜がいる。
 今現在のイニはこちらにある。
 ライフも2でイーブン。デュラハンでロックはできない。
 手札のサラマンダーの火力は5……

 この時点で勝利への道筋は見えた。
 が、緑ドラゴン、ツタ、キメラ、どれが来ても終わってしまうプランだった。
 といっても他にとる手がない。勝てるとすればこのプランがドンピシャではまること。



e0295317_9334580.png

 
 22ターン目。
 翼竜を戦場に出し、サラマンダーで戦場のスフィンクスを焼く。

 相手はダークエルフ。
 こちらの魔力増加量はついに0になる。
 魔力残量は、きっかり2 !

 のるかそるか、運命のラストターン。



e0295317_9333072.png


 人魚メイジが決まった。



e0295317_937552.png

 決着!!!



 ----------

 力石なんてなかった。
[PR]
by cardfan | 2013-08-25 09:45 | リプレイ録 | Comments(2)

CPUを相手にレート2000


 カードコマンダーは相変わらずマッチングできない状況が続いている。
 仕方がないのでランダムCPU戦をこなしていた。



e0295317_18231499.png




 今回、初めてCPU相手のレートが2000を突破した。

 CPU相手なら切断しても文句言われないが、
 もちろん切断なしのチャレンジだ。
 二時間ぐらいかかった。



e0295317_18244541.png

 アルマジロが止められず後手後手に……。



 レートが高くなると一度の負けでガクンと下がる。-27……。
 一度の勝利でだいたい +4~7 だったので、約5連勝分に相当する。
 5連勝1敗で、やっとレートが維持できるレベルというわけ。
 これ以上レートを上げていこうとすると6連勝、7連勝が求められる。

 これは対人戦でレートを上げる場合でも同じこと。
 なにはともあれ 勝たなければっ…… 勝たなければお話にならないっ……

 連勝するためにはデッキの安定性が求められる。
 ギャンブルを廃したデッキ構築にし、1ターン目から無駄なく攻め続けるのが理想だろう。
 が、CPU連中の理不尽なブン回りを目の当たりにすると、
 デッキの安定性ってそんなに大事だろうか、と心が折れそうになる……

 曾祖父のトラバサミ→コボルト→コボルト→コボルト……
 クソジジイ、寿命あとどのくらいかな……

 祖父の死神ギャンブル……
 こんなのカードコマンダーじゃない……

 父のタマゴ→世界樹……
 世の中実力より運だと言いたいのかなダディ……

 兄の墓荒らし……
 せめてオウムガイによる敗北効果キャンセルだけはやめて……

 妹の溶岩魔人→コロポックル→溶岩魔人→溶岩魔人……
 友達無くすぞ……

 こういう理不尽のために連敗すると、上記の「5連勝」を満たすこともままならない。
 カードコマンダーに運の要素があることは構わないのだが、
 CPU連中が運に頼りすぎているデッキ構築になっているのは勘弁してもらいたい。
 デッキ内容もプレイングの特徴も分かっているプレイヤー側が負けるとか納得いかん。

 人の使う墓荒らしに負けても冷静でいられるがCPUの墓荒らしに負けると兄の笑みに殺意を覚える。

 実力で戦ってるの母さんだけやで……。
 弟とか運頼りのデッキ構成ばかりじゃないか。(アヌビス水使い以外)
[PR]
by cardfan | 2013-08-15 18:53 | 日記 | Comments(3)

つながらぬ

ぐぬぬ……

カードコマンダーがおかしい。
対人戦ができない。
BBSが見れない。
ランキングが表示されない。

CPUとの対戦は可能だしデッキ構築もできるんだが……。
オンラインで交信するパートだけ機能してない。
こっちの不具合なのか、カードコマンダーの方の不具合なのか、どっちやねん。




それはそうと、デバックコウモリって、ときどき聞くけどなんなんですか?
古株さん、暇があったら教えてください。
[PR]
by cardfan | 2013-08-08 21:38 | 雑記 | Comments(7)