<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ギロンがカッパツのようです


 BBSのコメントまとめ。
 ぼくもカオドラに泣かされること多いから気持ちは分かるw



e0295317_6324549.png

e0295317_632584.png

e0295317_6332926.png

e0295317_6334169.png

e0295317_6335799.png

e0295317_634784.png

e0295317_6344835.png

e0295317_635742.png

e0295317_6352375.png




 1-4から大逆転する3色となると墓荒らししか思いつかない。
 それなら赤マントがあるのでカオドラに文句いえないというか、
 むしろこちらが赤マントに文句を言うレベル。
 本当に文句を言っちゃうと、どっちもどっちだが。



 -----

 それはそうと、次の更新はいつになるのだろう……。
[PR]
by cardfan | 2013-07-28 06:43 | 雑記 | Comments(6)

ソドマスは俺には効かん!

 リプレイ録です。

e0295317_523531.png



 こちらは海賊船デッキ。
 あいては踊り子ソードマスター。
 奇しくも青赤対決です。

 タイトルの「ソドマスは効かん!」は、かなり言い過ぎてる感がありますw
 プレイングもいろいろと失敗しているし……

 余談ですが、デッキタイトルにある「俺」は「尖兵」のことです。
 アバターが尖兵なので。



 -----



e0295317_526533.png


 1ターン目、
 尖兵スタート、あいてはスルーだった。

 しかし2ターン目、
 火竜の首が尖兵を焼く。
 こちらの後続は女海賊。サイズでは勝っているが、補助でひっくりかえる可能性大。



e0295317_5283679.png


 3ターン目、こちらは女海賊、あいては雪女で様子見。
 4ターン目、魔力を溜めるためにスルー、あいてはサラマンダー。

 案の定、ひっくり返った……orz

(僕は3ターン目に女海賊を投入しているが……
 そのときあいての補助が火の鳥やニワトリだったら、次のターンに先攻・攻撃力3以上を崩せず、黙って見送ることになるので、悪手かもしれない。
 かといって他に候補はプリンセスしかなかったし、使っていても雪女をコピーだったから、結果的に差はなかった)



e0295317_5351677.png


 相手の魔力残量が2なので、安心して女海賊に翼竜で先攻をつけられた。

 女海賊の勝利効果で、雪女、踊り子、翼竜を奪取。

 次のターン、
 戦場に出てきたサラマンダーに先攻がつくか、手札からのサラマンダーが女海賊を焼くか……
 火力の方がありそう……
 という予想でプリンセスを使ったところ……

e0295317_5372329.png


 騎兵をコピー。

 あいては海賊船長からの海賊船と読んでいて、現状の先攻つき女海賊にも勝てる騎兵を使用した……ということか。
 おかげでこちらの陣営は木っ端微塵のミジンコちゃん……
 朱雀が使われたわけでもないのに場が空っぽw



e0295317_5422988.png


 再び尖兵を送り込むが、あいてが踊り子だったので、
 様子見に雪女を使用。
 あいては火竜の首。

 攻めないわけにもいかず、尖兵に海賊船長を使用したところ……

e0295317_546780.png


 マジですか……
 海賊船のステータスが尖兵で強化されてしまったせいで攻撃力とHPがイーブン。このステータスを写した火竜の首には傷一つつけられない。
(結果的に翼竜が正解だったことになるが、HP1の尖兵にこのタイミングで翼竜使うのは勇気が要る……。しかも海賊船を呼ぶための要だから絶対に勝利効果を発動させたかったし……)

 ライフ 1-3
 苦境とはこのこと。

 さて。
 先攻でHP6、こんなのを除去できるカードは、このデッキにはサラマンダーしかいない。
 この時点で(サラマンダー1枚以外の)レベル2は5枚。次にレベル2を引けなければ6点に届かない。



 レベル2引いた!

e0295317_5503878.png


 尖兵GO!

 尖兵のいいところは戦場に居座らないところ。
 もう本当に有り難いっ!
 尖兵は勝利後に、待機所に戻れず破壊されるが、手札の海賊船が戦場に出てくる。



 しかし逆転するためには海賊船で2勝しなければならない。

 ところが相手の次の手は間違いなくソードマスター。
 踊り子だしておいてソードマスターを使わない手はないだろう。
 そうでなくても踊り子はサラマンダーにも強いので、この局面で使わないはずがない。
 マジシャンを警戒するにしても、相手にはまだライフに余裕があるので、ここで変則的なプレイをする必要はない。王道、ソードマスターでくる。
 まだソードマスターは1枚も見ていないが、もう確実にソードマスターだ。



e0295317_552433.png


 踊り子ソードマスターを凌ぐには……
 サメを使う。
 サメの効果でクリーチャーが入れ替わり、
 踊り子の戦場効果で戦場に飛び出すのはサメ。



e0295317_631914.png


 最後のターン、
 クジラでソードマスターを手札に戻して、踊り子を不発に。

 ここであいてがソードマスター以外の手(サラマンダー、人魚マダム、ソーサラーなど)なら、こちらが負けていた。
 なんかもう、ソードマスター以外ならしかたないという体たらくでした。

 (サメ→クジラよりクジラ→サメの方がよかったかも?)
[PR]
by cardfan | 2013-07-28 06:12 | リプレイ録 | Comments(0)

そろそろ一年

 「あらぶるK」もカードコマンダー歴 (約) 一年。

 はじめたての頃はナーガに翻弄された。
 自分でナーガ使う場合も翻弄された。
 対戦相手からチャットで「ナーガ自身を選択すればその場に居座れるよ?」と指摘されて初めてその手を知った。

 煙竜にはいつもやられてばかりいた。
 煙竜に無効がついて、煙での強化はないと勘違いして出て行ったら見事に負けた。
 無効は使用効果が無効という意味だと思い知った。

 更に勘違いして赤マントが出ているのに煙竜を支援するために煙を使った。
 煙が発動しなければ煙竜は強化されなかった。
 待機所に煙壺が降り立ったあのインパクトは忘れられない。(いや忘れたけど)

 デッキデス初体験時はわくわくした。
 対戦相手のデッキの動きが明らかにおかしかった。
 カードゲームだから山札なくなったら敗北だろうなと予感し、その予感が現実になったとき赤飯を炊いた。(炊いてません)

 混沌は混沌の極みだった。
 何度も対象選択を間違えた。
 あれほど初心者を困惑させるカードはあるまい。

 1ターン目にイソギンチャクが出てきた。
 雑魚クリーチャーだと嘲っていたら4タテされストレート負け。
 それでもまだ先取一点の重みに気付けていなかった。

 オルトロスが出てきた。
 負けた。

 ファントムに先攻がついた。
 負けた。

 ワーライオンに捕まった。
 負けた。

 ………。
 ……。
 …。



 月日が流れた。

 つい先週までじっくりと試していた苔男デッキはレート1450に落ち着いた。
 本気で組んでるのに……
 なぜだ……orz

 そして別のデッキで1700まで戻した。
 こいつだ。

e0295317_1342123.png




 というわけで、これが今の僕の戦績。

e0295317_1442415.png




 
 以上。
 オチはない。
[PR]
by cardfan | 2013-07-22 01:50 | 雑記 | Comments(4)

緑赤仙人を組んでいたと思ったら、苔男デッキになっていた……


 最近、赤青ばかり組んでいた。
 しかし僕は本来、無効朱雀党なので、緑と赤の組み合わせが好きだ。

 今回は、これまで一度も成功したことのない仙人デッキを組んでみた。

 Ver. 0.40の仙人は素のステータスが高い。高すぎる。海賊船デッキ使っていたときに仙人に4タテいかれた。
 ピクシー、ラッパ妖精、天狗、サイクロプス、いろいろと相性が良すぎる。補助無しの朱雀を倒せると考えると、引きが悪いときの初手候補にもなる。少なくとも、泣く泣くラッパ妖精からスタートするよりは、1ターン様子を見てから仙人スタートする方が勝てそうだ。(トラバサミは勘弁な)

 と、仙人に期待を寄せて組んだみたわけだが……

e0295317_17183358.png


 かろうじてレート1700(ジャスト)に到達したが、もうほんとギリギリのところ。
 デッキ性能の限界を感じている。

 精霊老婆を魔力エンジンとして、苔男に繋ぎ、苔男を緑の汎用補助で勝たせる動きとなった。

 ……あれ? 仙人の使いどころ微妙じゃね?
 もちろん、うまくいくときはうまくいく……
 ・仙人イフリートで予想外の1点!
 ・仙人緑ゴーレムで緑クリーチャーwin!
 ・イニ有り仙人マントで勝利確定!
 ・ライフ2-1で仙人を使用し、次のターンに補助無しでかてるようなら敵クリーチャーにマントつけて勝利確定!
 ・仙人カウンゴで引き分けに持ち込み、次のターンに仙人のカラダで勝負!
 ・仙人見習い魔女、仙人尖兵で勝利した敵クリーチャーを退場させる。

 と、このあたりは実践済み。

 しかし仙人デッキとして致命的なのは、仙人を補助として使って自陣のクリーチャーを勝たせる仕組みが、せいぜい緑ゴーレムしかない。
(イフリートは勝つことが確定していてはじめて捨てられるし、カウンゴは引き分け狙いだし、見習い魔女あたりは負けのフォロー……。赤マントはイニ有りなら勝たせる手段になるが、決定的ではないし、トドメ以外では自分の首を絞めることになりそう)

 更にいえば魔力エンジンが精霊老婆だけなので息切れしやすい。
(ゴリラを入れるとなると植物パートを根こそぎ入れ替えることになるので別のデッキになる。)

 以上二点の欠陥から、事故しやすく、逆転しにくいデッキであることが分かる。
 あかんやん……。

 それでもこのデッキが運良くレート1700に辿り着けたのは苔男のおかげ。
 苔男を勝たせつつ、待機所にカウンゴやイフリート、赤マントを配置して苔男の能力を増やしていくと、どうにか勝てた。



 ちなみに試作一号は変異体入りだった。試作二号にゴブリン戦車が入っているのはその名残w
e0295317_1743849.png




 ----- ハイライト -----

 いっぱいいっぱいのデッキだったが、遊んでいて楽しいデッキだった。


●赤マント苔男
 待機所の赤マントの能力をコピー。
 基本ですな。

e0295317_17471211.png


 ちなみに踊り子の能力もコピーしてしまっているので、踊り子からシーサーペントやクジラがでてくるだけで死ねた……
 運が良かった。



●ワーム苔男
 苔男は戦場のクリーチャーの能力もコピーする。

e0295317_17512229.png


 ドルイドにワームの効果でワームの能力がついていたため、苔男は待機所にいるワームよりも先にワーム能力をget。カウンゴの能力もget。
 あいては青と組んでいたので人魚マダムがあり得たが、引かなかったようだ。
 運がよかった。



●vs墓荒らし
 漁師の動きから墓荒らしデッキであることが明々白々!!!
 精霊で連取できるか試してみたが漁師に阻まれる。逆にチャンス!!!

e0295317_17564361.png


 墓荒らしが戦場に出てくると終わってしまうため、漁師は倒さずに苔男を用意する。
 苔男が漁師に勝つときにカウンゴの能力をコピーさせたいので、カウンゴを待機所へ投下。



e0295317_17585517.png


 カウンゴ苔男 vs 無効ゾンビ女海賊墓荒らし
 墓荒らしはカウンゴの能力で倒れる。戦闘ダメージではないのでゾンビの再生力は働かない。
 つまり、苔男が勝利。ここで苔男は墓荒らしの能力をget!
 ついでに投下しておいたイフリートの勝利効果もget!!!



e0295317_181573.png


 墓荒らし二号に殴られる苔男。
 墓荒らし二号はカウンゴの能力にやられる。
 しかし苔男は戦闘ダメージで倒れたので、ゾンビの能力で再生。苔男の基本HP8へ復帰することになる。
 更にイフリートの勝利効果が発動して決着。

 苔男デッキ冥利に尽きる勝利だった。(あれ? 仙人デッキじゃなかったっけ……)



 -----



 もしかして仙人抜いた方が強いのかな。
 と、本末転倒な流れに。
 まだ動かしていないが、こんな感じだろうか?

e0295317_186159.png


 魔力源にドルイド。
 速度調節にツタと翼竜。
 あ、なんかすごく安心できるw

 さて、このデッキ、実際はどんなもんでしょうかね?
[PR]
by cardfan | 2013-07-15 18:12 | 構築 | Comments(2)

雑記です

 前回つくった赤青海賊船が全然勝てなくなった。
 レート1650の壁を抜けられない感じ。
 こちらの初手である尖兵を除去されると、どうしてもつらい。
 特に厳しいのは精霊と鉢合わせたときだ。
 イニがなければ指をくわえて見ているしかないし、イニがあっても老婆でHP+1され、尖兵が負ける。
 魔力を溜めた緑はほんとうにいやらしい。こちらの後続の海賊子分・女海賊もアーチャーかケンタウロスの餌食になる。
 こうなると魔力が枯渇気味の青赤に逆転手はない。がんばってサラマンダーで焼いてみてもラッパ妖精とか植物使いのせいで えげつないことになる。

 少し前まで精霊、見なくなっていたのに。
 少し前っていうのは、ぼくがリッチを組んでいた頃か。
 むしろ精霊使うのぼくだけ? みたいな環境で、煙が砕け散る1ターン目を過ごしていたのに。
 最近じゃ植物+老婆が隆盛のようで。

 そしてそれにともなって、ステゴも増えてきている印象。
 それに対応してなのか、精霊に妖精を使って頑丈をつけるパターンも目にした。(またしても尖兵がやられたっ……)

 というわけで、ぼくも精霊を使う側に回ってみたのだが、精霊はやはりステゴに食われる宿命のようで、それでもめげずに苔男を投入すると、また新しいステゴが……



e0295317_17112130.png




 環境が流動している感じがして、いいですね……(泣)



 というわけで、次の構築は赤緑です。
[PR]
by cardfan | 2013-07-15 17:14 | 雑記 | Comments(0)

海賊王にオレはなるっ!!!(どんっ)

以前に海賊子分と女海賊のステータスが強化されたとき(攻撃力・HPが2から3になった)、これはやばい、これは強いと思ったものだったが……
 そうこうしているうちに炎馬まで登場して、いよいよ面白いと思ったものだったが……
 そう思っておきながら海賊デッキでレート1700いったことがなかった。
 海賊デッキを作らなかったわけではない。
 勝てなかったのだw

 敵に回すと強いのに、自分で使うとイマイチ。
 なにこれいつものパターンかよっていう展開。
 しかし もうそろそろ勝てる海賊デッキを組めるだろうと思って挑戦してみた。

 とりあえず当初の目的、レート1700突破は果たした。

e0295317_1518113.png

 レート1600ぐらいからスタート。
 最高で1753だった。

 調整を繰り返しながら練っていく構築スタイルだったので、1700から1750に至るまでにいじりまくっている。



 -----調整過程-----


e0295317_15192054.png

 海賊船B レート1700が上限といったイメージ。
 海賊子分がいるとサメがいれやすい。
 あとは海賊デッキっぽい感じに。(どんな感じだ)
 補助として使いやすいサラマンダーをいれておく。この辺、思考放棄してる。



 ちなみに海賊船Aタイプは、Bタイプの海賊船長、海賊船を1枚抜いてランプの精を2枚いれたものだった。
 海賊船や海賊船長を引きすぎても手札で腐ると考えていたのだが、実際には船長も船も3枚じゃ足りないぐらいに感じる。
 4枚欲しい。それは言いすぎにしても、船長と船は3枚積み固定、これ以外ないと実感した。



e0295317_15201177.png

 海賊船C レート1650~1750
 Bタイプから大袈裟に変わってるところはないが、そこそこ安心して動かせるように仕上がった。
 何度か転落し、そのたび1700まで舞い戻ったので、そこそこの性能はあると確信。
 朱雀も青龍もシーサーペントも入っていないので、そこが不安になる。どれか1枚は欲しいが、スペースが見つからない。



e0295317_15214339.png

 海賊船D レート1650以下
 ん~?
 海賊船の条件である勝利効果発動回数を稼ぐため、レベル1を多めにしようという発想だったのだが、思うように回らない。レベル1勝利効果持ちでは飛び火がダントツで安定するはずなのだが。
 って、今冷静に見直すと、女海賊を勝たせるための補助がほとんどないな。飛び火で一回勝っていたら海賊船長が使えるが、それ以外のパターンでは船まで辿り着きにくいようだ。




 -----ハイライト----

 海賊デッキの要となるカードの輝いていた瞬間を紹介する。


●女海賊
 女海賊は手札枚数の増加量と敵デッキの情報量が大量に得られる。
 女海賊がほぼ勝てるであろうタイミングで海賊船長を使うと、二連続勝利で相手のデッキを6枚奪い、海賊船と入れ替わるというチートぶりを発揮する。

e0295317_15233689.png
 勝てそうだなというところで、船長のエールを受けると……
e0295317_15274240.png
 こうなると相手はこちらの出方を読めないだろう。



●海賊子分
 待機所ロックで初心者から毛嫌いされていると思われるヒゲもじゃ青龍刀使いの子分。
 しかしロック云々以前に、序盤での待機カードの除去性能がポイント高い。

e0295317_15305218.png
 ウィッチの効果をプリンセスでコピーしてしまい、一気に緊張感が高まり、登場したのは世界樹。
 そして海賊子分が親分の命令で悪事をはたらく。
 相手の待機所にはコロポックルが一体、ぽつんと佇むだけ……。



e0295317_15351547.png
 これも海賊子分に親分を使った場面。
 相手のクリーチャー数が3から2へ減ったため、相手の騎兵は条件を満たせず、華々しく散っていった。


 他にも弩兵デッキの弩兵をさらって圧勝したこともあった。
 いずれの場合にもいえることは、たった一度のイニ有り海賊船長による待機所介入が破壊的な影響を及ぼすこともあるってこと。



●炎馬
 一度勝利効果を発動しておけば、二回目以降からは炎馬&海賊船長のコンボが使いやすい。
 本来は、戦場に敵クリーチャーがいなければ海賊船長を合わせても無駄に散るだけだが、海賊船があれば手札から戦場に船が飛び出す。炎馬読みの1~2点火力対策にもなる。
 可能なら相手の森神に合わせて錬金術士で待機所を空け、そこに炎馬を放り込み、次のターンに海賊船長を使って無効クリーチャーを破壊……なんてこともやってみたい。

e0295317_1537386.png
 この画像は炎馬に船長を使った直後。
 相手の戦場のクリーチャーが破壊され、またも騎兵の条件を崩した。
 なお、戦場から船と入れ替わり手札に戻ってきた炎馬は、あいての騎兵が発動したところで再び反応し、待機所に降り立つ。
 忙しないヤツよのうw



 あ……
 炎馬といえば、よくあるあの事故……

e0295317_15495435.png

 海賊親分の対象に、誤って敵クリーチャーを選んでしまう凡ミスをやらかす5秒前……

 ファッティを問答無用で除去しつつ船と入れ替わる海賊デッキ最大の見せ場が台無しに。

 効果が発動した場合、いつものあのエフェクトがかかるはずなので、
 まず海賊親分の発動エフェクトを見届け、次に炎馬の発動エフェクトがやってこないところで気付かないといけないわけだ、「戦場に勝利効果持ちがもう一体いる」と。
 海賊親分の対象を選ぶと、そこで選ばれたクリーチャーの勝利効果発動エフェクトがかかる。そのつぎにやっと炎馬の対象選択……。
 これでこのミスは二度目。やっちまったぃ。



●海賊親分
 海賊デッキではじめて1700到達したときは、まだ全体的にレートを上げやすい時間帯のようだったので、デッキの性能に自信が持てなかった。
 ランキングを見ているとベルガモットさんが変動していたので、遭遇しないかなと張っていると……
 悪様 さんと遭遇。連戦した。
 おかげでB、C、D、Eタイプ すべてテストできた。(負け越したけど)

 その中でも一番輝いていたのはこの場面かと。

e0295317_15562250.png

 マダム読みの海賊船長。
 マダムにより入れ替えられた尖兵が海賊船に化け、そのまま勝利へ。



-----番外編----

 最後に、海賊デッキE を。
 デッキデス系統なので番外編で。

e0295317_1645431.png

・ランプの精でドロー
・雪女で様子見(そして戦場に出てきたクリーチャーをサラマンダーで焼く)
・女海賊はサラマンダーの補助を得るなりして勝つように最大限神経を使うこと
・女海賊でデッキを削る
・水使いでフィニッシュ



-----雑記-----

 今週末は黒単撃墜王と緑単長寿王がわいていた。
 どちらも苦手。


 プリンセス、最近使えるようになってきた。
 もともとゴブリン王二重掛けとかバフォメット二重掛けとか、そういう展開が恐くてプリンセスを敬遠していたが、状況をよく観察すれば事故は防げる。
 序盤の翼竜、サラマンダー、狩人、アーチャーあたりは読みやすい。
 そして今回、サイクロプス読みもできるようになってきた気がする。


 以上でした。
[PR]
by cardfan | 2013-07-07 16:24 | 構築 | Comments(1)