ハエトリグサの強み

 カーコマは4点のライフを削りあうゲーム。
 L1から仕掛けるのが素直に思われる。

 有能なL1アタッカーといえば、
 筆頭はアルマジロ。
 ――だったのは遠い昔で、昨今ではサンタ、漁師か。
 タコや人魚運び屋、輸送兵といったドロー効果のあるL1も先制の可能性を確保しつつ後々の展開にも気を配れる優秀なL1だ。
 他には先攻が地味にやっかいな飛び火、勝利効果がユニークな見習い魔女や、先制を取れるし待機効果もおいしい二役をこなす尖兵など。
 魔力なら緑。精霊ががっぽりと稼いでくれる。かも。

 そんな中でハエトリグサは中途半端な存在に見える。
 機能性重視のL1には勝てるサイズだが、ガチのL1戦闘員には負ける。
 1/3にして後攻という、およそ誰も脅威を感じない強度。
 出したところで特別な効果が発動するわけではない。
 ドローや待機効果があれば終盤でも役立つかもしれないが、それも持っていない。
 あるのは敗北効果のみ。

e0295317_20535103.png


 しかしその敗北効果こそが、他のL1には真似できない大きな魅力である。
 相手アタッカーの攻撃力を1にまで下げてくれる。
 これが意味することは?
 こちらの次のアタッカーを無補助で通しやすくなるということ。
 撃墜王で除去を捨てさせて吸血鬼を安全に戦場へ送り出す、そんな戦術に似た動きがハエトリにもできるということ。

 具体例を出そう。



e0295317_20551880.png




 うん。赤緑の話なんだ。



 新種は「進化」によって強化され、魔力も供給してくれる。
 しかし待機所にスカンクを置いておかないと心許ない。
 初手を新種としても、2/4後攻のステータスは信用がおけない。
 そこで、先制はハエトリ先生に任せる。
 相手が何もだしてこなかったら、ハエトリはライフをひとつとってくれる。
 相手が弱小L1から入ったたときも、補助が入らなければハエトリが勝ってくれる。
 そしてハエトリはライフを取り終えた後、敗北し、敵アタッカーの攻撃力をしっかりと下げてくれる。
 青鬼ですら1/5になるのだ。これなら新種でも無補助で勝てる。つまり、そのターンは新種を勝たせつつ、スカンクを待機所に配置するためのターンにできるわけだ。
 次のターンからはイニ無し有利の新種スカンクコンボが嵐のように吹き荒れる。OK。ハエトリはいい仕事をした。そうだね?



 新種赤緑の話ついでに画家についても触れておこう。
 画家はサメの代替品になるかと思われたが、サメの利便性と比較すると何もできていないに等しい……それぐらい低めに評価しているプレイヤーも多いのではないだろうか。
 だが、新種赤緑では画家がとても強い動きをしてくれる。



 ハエトリ → 新種 → スカンク → 画家 の展開がそれだ。


e0295317_20562273.png


 相手がL3スタートとして、
 ハエトリが敗北するターンにスカンクを配置。
 そして新種が戦場にでるときに画家で補助すると……



e0295317_20565615.png


 相手の使う強化の補助を奪える。
 弱体化させる補助は相手アタッカーになすりつける。



e0295317_20573746.png

 新種に「対象」がついたなら、次のターンは妖精かガーディアン、ヒノトリ、なんでもいいから使いたい。
 サメで奪われても対象は新種だ。お疲れ様。




 ちなみにそのあと、「対象」を忘れて、うっかりマジシャンを使用……orz
 ヒノトリ&ウィザードの朱雀召喚が入ると読んでいたorz


e0295317_20591099.png

 相手が「賞賛」してきたw
 煽りなのかバカウケしたのか。
 ひどいミスだからしゃーない (ノ∀`) マジ?シャントシナヨ?



 ラストターンは……


e0295317_20593752.png

 お……お前もか……
 身体を張ったギャグなのか、こちらと同種のうっかりさんなのか (ノ∀`)ヨセーィ

 馴染みのないキーワード能力にうっかりはつきもの。



 以上の理由から、新種赤緑にはハエトリが必須だし、画家も意外と重宝する。
 バランスの取れたシーソーのロジックと、抜き性能のある新種スカンクコンボ。
 優秀に思える。
 しかし所詮は赤緑である。
 カードがシナジーを発揮しなければ貧弱このうえないし、
 ファッティの除去手段が限られているため、強力なリセットカードに弱い。
 赤緑はいつも綱渡りだ。

 いや、そういった構造的な弱点であれば、どんなデッキでも相性の問題はつきものなので割切れる。
 待機効果はマダムに弱い法則も、序盤の展開がばっちり決まればマダムなど悪あがきでしかなくなる。じり貧マダムは弱い。
 だが、従来の相性に加えてステゴや赤ドラゴンが致命的にささる植物・後攻デッキのいかんともしがたい弱点は環境の煽りを受けやすい。

 結果的に全体のバランスを取るより、ウーズをガン積みするような尖った構成の方が高い成績にタッチできたりする。
 赤緑はいつも空しい。



 -----



 というわけで、
 完全に脱線してハエトリの話が短かったが、
 具体例はひとつで十分だろう。
 ハエトリから入るならスペックの低いL2を後続にしやすいということ。
 不安定な後続を安定して戦場に送り出しやすいということ。

 ハエトリ新種以外で確立されているのはハエトリ長寿王の緑単。
 ハエトリ老婆のコンボはいうまでもないとして、
 他にはないのだろうか?



 ハエトリ → ワシ

 で何か面白い動きはできないだろうか?
 ドルイドで魔力をためて卵つかうぐらいか?

 ハエトリ → スルー → オルトロス

 これができたらいいんだけど、他のカードの組み合わせがねぇ。
 コロポデュラハンを併用するならL1速攻はいらんし、
 L1から入るならデスマスク→スルー→バフォメットの路線が可能な黒のL1を採用したいし。

 ハエトリ → コウモリ → 吸血鬼

 L1連打から初手以外で吸血鬼をぶち込みに行くパターン。
 どうだろう? まとまりにかけるか。

 ハエトリ → 煙(赤・緑) → ワーエレファント/ゴブパラ/火竜

 煙を挟むと5コスまで圏内になる。
 ハエトリが負けたらワーエレ。勝ったらゴブパラ。状況によっては火竜でリセット。
 招き猫をハエトリにも火竜にも使える赤緑。
 机上の空論ともいう。
 これ火竜じゃなくて煙竜の方が現実的か。



 というね、
 没案ばかりならべてニヤニヤするだけの記事でした。
 あとは各プレイヤーの手腕に任せる。
 今日はここまで。





[PR]
by cardfan | 2016-07-16 21:15 | 雑記 | Comments(1)
Commented by nee at 2016-09-02 16:59 x
オウムガイとの相性も悪くないですよ。
あとはロマンですが、ワシ→予言者とか。
ライバルは精霊とタコ。


<< 強化された狩人とエルフ萌え青緑再び 【L3主体の】勝てる無効朱雀を... >>